低価格機械式腕時計はセイコー5で決まり!

最近は腕時計を付けず携帯電話を時計代わりにしている人が結構多い印象ですが、いちいちポケットから携帯を取り出して時間を確認するのは面倒です。それに、会議や商談の場など、携帯を取り出しにくい場面においても腕時計ならチラ見で時間を確認出来て便利です。

私も長年、腕時計を付けない生活を送っていましたが、前述のようなメリットもあるので腕時計が欲しいなぁと思い始めました。予算は少ないけど、どうせ時計を買うならちょっとこだわった時計がほしいと思ったのですが、安い時計はそれなりのものしかなく・・・。

そんな中、格安な機械式時計に出会い、非常に気に入って日々愛用しています。それは日本を代表する時計メーカーであるセイコーが作っている「セイコー5」です。

スポンサーリンク

低価格機械時計の代表格

機械式時計はいわゆるゼンマイ式で、電池を使わない時計です。セイコーの機械式時計であるセイコー5はオシャレなデザインが人気で数十年前にかなり流行っていたそうですが、その後はクォーツに押されて国内販売を終了してしまっているそうです。

ただ、海外ではセイコー品質の機械式時計は人気があり、現在も生産を続けているとのこと。それを逆輸入したのが現在流通しているセイコー5のようです。

セイコー品質の機械式時計が安いものでは数千円から購入可能なのですから、とても魅力的です。

シンプルなデザインで裏スケルトン仕様

私が購入したのはSNK357KCというモデル。文字盤が濃いネイビーで、日付と曜日の表示付き。文字盤はよく見ると「5」のマークがたくさん並んでいます。

裏面はスケルトン仕様になっており、歯車の動きが見えます。機械式時計はやはり裏スケルトンが魅力だと思います。

ただ、ベルトはやはり安物感があります。金属ベルトは重くて冷たいですしね。そこでこれまた安い、1,000円もしないレザーベルトを購入して交換してみました。ベルトを交換するだけで、かなり印象が変わります。気分によってときどきベルトを交換する、というのもよいかもしれません。

レザーのベルトは長く使っているとどうしても傷んでくるので、追加でベルトを購入しておこうかと思っています。今度はブルー系が良いかな。そういうことを気軽に楽しめるのも、セイコー5の魅力かもしれません。

ネットでいろいろ探してみると、様々な種類のセイコー5が存在するようです。価格が安いので、追加でコレクションしてみたい気もしてきました。次はどれかな・・・と悩むのもまた楽しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする